ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ 電話番号
〒289-2516
千葉県旭市ロ-198-1メールでのお問い合わせ

高齢者向き症状と対策

病気にならない身体をつくるのが、療術・整体・カイロプラクティック療法です。
でも、病院で診断名が付いたからといって、気落ちしないでください。
それは身体の危険信号なのです。

そして大切なことは、身体の変形つまり、前屈みになったり、左右どちらかに傾いて
いるなどの形が変形していることを意味します。身体の変形は、骨が捩じれたりして
神経を圧迫していきます。
重要な神経は、骨盤部と脳幹部にあります。骨盤部では、腰の仙髄神経に、頚椎では
脳幹部の中の脳神経にそれぞれ影響を及ぼします。

これらに付随した神経、腰では坐骨神経が有名です。頚では、腕神経叢で腕に関係
する疾患は、ここが原因となります。

頚と腕の神経圧迫は、副交感神経が支配しています。後程、イラストで説明致します。
自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれています。
すなわち、頚椎と腰椎を治さなければ、自律神経が正常に戻ることはありません。

身体の変形を修正し、神経圧迫を取り除かなければ、自律神経の回復はありえません。
この考え方が、西洋医学との違いです。構造を考え修復するのが当たり前と考えます。

以下の項目について、説明させて頂きます。本文では、続きを読むで詳しく説明させ
て頂きます。
興味のある方は、続きをお読み下さいとの意味です。

説明項目
1)動脈硬化
2)脳梗塞
3)心筋梗塞
4)腎不全
5)閉塞性動脈硬化
6)隠れ心不全
7)慢性心不全
8)膝の痛み
9)めまい
10)尿漏れ(男性)
   尿失禁(女性)
11)認知症

説明項目は準じ書き込み致します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 next

お問い合わせ

  • ご連絡、お問い合わせはこちらまでお願い致します。ご遠慮なくお待ちしております。
  • 電話:0479-63-4442

    メール:kihachi@asahichiro.com /e-chiro@asahichiro.com へご連絡下さい。

    ©2015 アサヒカイロプラスティック温熱刺激研究所